準備

読まれるweb記事の構成って?作り方やコツを解説【テンプレあり】

web記事の構成 アイキャッチ

「構成が苦手。記事を書くのに時間がかかる……」

「もっとブログを読んでもらうには、どう書けばいいの?」

などと悩んだことはありませんか?

記事は長文になるほど、短い時間で論理的に書くのが難しくなりますよね。

そこで今回は、構成に悩むライター向けに「記事構成の作り方やコツ、テンプレート」をご紹介します。この記事の内容を意識すれば、短い時間でより魅力的な記事が書けるようになりますよ。

構成は記事の質に大きく影響する要素。魅力的な記事を書いて、自分の記事を「選ばれる記事」にしましょう!

Web記事では構成が何より大事

読まれるには構成が大切

Webの記事では「構成を考えてから記事を書く」が何よりも大事です。構成案のない記事は地図を持たない旅のようなもので、精神的にも肉体的にもハードです。

また自分の知りたい情報が載っていなければ、読者はすぐにページを閉じてしまうもの。つまり、時間をかけたのに読まれない記事になってしまうのです。

このように構成はモチベーションにも関わる問題なので、まずは「誰に何をどの順番で書くか」を事前に考えましょう。

【5ステップ】記事構成の作り方

記事構成の作り方

記事構成の流れは以下の通りです。

検索意図のリサーチペルソナを設定悩みの整理不足がないかの確認仮タイトルの決定

ここからは、記事構成の手順をこの5つのステップに沿って解説していきます。

「実際にどうすればいいのか分からない……」そんな方は真似してみてくださいね。

ステップ1:検索意図のリサーチ

  1. ライバルサイトのタイトルやリード文を見る
  2. キーワードの関連語を確認
  • ライバルサイトのタイトルやリード文を見る

時間がかかるので本文は読まないのがおすすめ。無意識に内容を真似てしまうのを防ぐ効果もあります。

  • キーワードの関連語を確認

検索意図から少し遠いキーワードが入っていることもあるので、あくまで参考程度にします。

「関連語(サジェストワード)」とは検索窓に入力したときに、検索窓の下や検索結果ページの下に表示される単語のことです。

おいも

顕在ニーズ、つまり「明らかにこんなことを知りたいから調べたんだよね」という分かりやすいニーズを特定します!

ステップ2:ペルソナを設定

  1. Twitterやヤフー知恵袋で、ペルソナになりそうな人を探す
  2. ペルソナの潜在ニーズを想像する
  • Twitterやヤフー知恵袋で、ペルソナになりそうな人を探す

検索意図のリサーチでぼんやりと浮かんだ読者イメージを、現実にいそうな「ペルソナ」に落とし込んでいきます。いちから考えるのは難しいので、SNSを参考にしましょう。

ペルソナはなぜこのキーワードで検索したんだろう? と考えてみます。難しければ一般論で推測してみましょう。

おいも

潜在ニーズとは「この情報を知って、あわよくばこうなりたい」という読者の理想や「Aがこれなら、じゃあBはどうなの?」などの、読者が気になりそうな内容です。

なおペルソナについての考え方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

ライター必須のユーザー目線!コツは「聞き上手」になること ライティングの準備としてユーザー、つまり読者目線を意識したペルソナ(想定読者)の設定は大事です。 ですが、ペルソナ設定って難しい...

ステップ3:悩みの整理

  1. 検索意図とペルソナから分かる悩みを、見出しに変換する
  2. ペルソナが読みやすい順番に並べ替える
  3. 見出しの優先順位を決める
  4. 大体の文字量を決定
  • 検索意図とペルソナから分かる悩みを、見出しに変換する

中見出しは、視点を揃える(「読者目線」「ライター目線」など)と分かりやすくなります。

  • ペルソナが読みやすい順番に並べ替える

まず「自分なら読む気がするか?」で考えてみます。余分な見出しを作っていないか、スキマ時間に読んで疲れない説明か、などをチェック!

  • 見出しの優先順位を決める

記事の種類にもよりますが、基本的に検索意図(検索に対する答え)には早めに答えてあげるべきです。

  • 大体の文字量を決定

一般的に「ひとつの見出しは200字~250字程度」がいいとされています。

おいも

読者の悩みをしっかり整理して、記事構成に反映させます。

ステップ4:不足がないかの確認

  1. 上位サイトの見出しを確認
  2. 見出しに関する体験談があれば盛り込む
  • 上位サイトの見出しを確認

上位10サイト程度の見出しを見て、自分の構成案に不足している内容があれば盛り込みます。ただし、盛り込み過ぎて見出しが複雑にならないように注意してください。

  • 見出しに関する体験談があれば盛り込む

数字や画像を使って具体的に説明すると、読者がイメージしやすくてGOOD!

おいも

読者にとって「ちょうどいい記事」になるように構成案を仕上げていきます。

ステップ5:仮タイトルの決定

パット見て、記事内容が理解できるタイトルをつける

記事テーマを反映した「仮タイトル」を見ながら書くことで、長文記事でも方向性を見失わずに書けます。

タイトルは記事公開前に改めてキャッチ―なものに変えればOKです。

おいも

家族に「この記事ってどんな記事?一言で教えて」といわれたら何と答えますか?

基本の記事構成の手順は以上です。

なかなか大変な作業ですが、構成を丁寧にするほど記事を書くのが楽になります。

記事構成を考えるときのコツ

記事構成のコツ

構成を考えるときのコツは「誰が何で困っているのかを丁寧にリサーチすること」

読者は検索を通して悩みを解決したいので、困っている読者それぞれの気持ちに寄り添う必要があるからです。

例えば「履きやすい靴」という検索意図の答えは、

  • 「ランニングに適した靴」
  • 「職場で浮かないブランド靴」
  • 「長距離でも足が痛くなりにくい靴」

など性別や年代、状況によってさまざまです。

読者の気持ちや状況をイメージできるくらいまで、丁寧にリサーチするように心がけましょう。

Web記事におすすめの構成は「PREP法」

PREP法とは

ライティング初心者がWeb記事を書くなら、まずは「PREP法」を身につけましょう。理由はPREP法の特徴は流し読みされがちなWeb記事にぴったりだからです。

例えばPREP法には、次のような特徴があります。

  • 流し読みでも文章のテーマが伝わりやすい
  • 会話のように説明するので感覚的に理解しやすい

「PREP法」の意味は

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(例)
  • Point(結論)

の頭文字をとったもので、結論とまとめを「理由や例」でつないだ形です。

PREP法

日常会話もだんだんと盛り上がってくると、こんな風になりませんか?

また実際に文章を書く場合、以下のように書くと日常会話であっても論理的な文章になります。慣れるまでは、まずは全体を300字以内の短い文章で書いてみるといいかもしれません。

PREP法の例文
おいも

いつもの日記がちょっぴり知的になるかもしれません(笑)。

【記事の種類別】構成のテンプレート

記事構成のテンプレート

「手順やコツは分かったけど、自分で上手く考えられない!」という人のためにテンプレートを用意しました。自分が書きたい記事の種類に合わせて活用してみてください。

コラム記事の構成例

コラム記事に適した記事構成は「PREP法」、または「三段構成」です。

PREP法の詳細は、前の見出し(Web記事におすすめの構成は「PREP法」)の項目で説明しているので省略します。

三段構成は以下の図のように

  • タイトル
  • 序論
  • 本論
  • 結論

の項目に分けて書く方法です。

三段構成

序論は「リード文(導入文)」、結論は「まとめ」ともいいます。

おいも

PREP法や三段構成は、記事の内容を分かりやすく簡潔に伝えたい場合におすすめです。

まとめ記事の構成例

まとめ記事に適した構成は「並列」タイプです。

並列タイプの見出しは

  • タイトル
  • リード文
  • 見出し1(商品1)
  • 見出し2(商品2)
  • 見出し3(商品3)
  • まとめ

のように並びます。

並列
おいも

並列タイプの記事は「たくさんの商品やサービスの紹介をしたい」「商品同士を比較したい」場合などに使うと便利です。

ハウツー記事の構成例

ハウツー記事(手順や方法を解説する記事)に向いている構成は「縦列」タイプです。

縦列タイプの記事構成は

  • タイトル
  • リード文
  • 見出し1(手順1)
  • 見出し2(手順2)
  • 見出し3(手順3)
  • まとめ

のように構成されます。

縦列

縦列タイプは「そのテーマについて詳しくない初心者向け」に解説したい場合に使いやすい構成です。

おいも

まずは箇条書きで書いて、それを「STEP1」と数字に変えるだけでも、読者に優しい見出しになるので試してみてください。

レビュー記事の構成例

レビュー記事に向いている構成は「全体像」タイプです。

全体像タイプの構成例は

  • タイトル
  • リード文
  • 概要(定義、原因など)
  • 詳細(仕組みや使用例など)
  • デメリット・デメリット、注意点
  • まとめ

になります。

全体像

全体像タイプは商品を丁寧に説明するので、読者は納得したうえで商品を購入できます。

おいも

練習するなら「通販で買い物した商品」や「本の感想」などの口コミ投稿がおすすめです。

構成を学んで読まれる記事にしましょう

今回は「記事構成の作り方やコツ、テンプレート」をご紹介しました。

もしWeb記事の構成で悩んだときは、この記事を参考に、

  1. 検索意図のリサーチ
  2. ペルソナを設定
  3. 悩みの整理
  4. 不足がないかの確認
  5. 仮タイトルの決定

の5ステップに沿って作ってみてはいかがでしょうか?

また上記ステップのなかでも、1~3で行う「誰が何で困っているのかのリサーチ」の部分は特に大切です。読者の満足度を上げるためにぜひ意識してみてくださいね。