息抜き

『俺物語!!』から学べる努力の仕方とは?好きを行動につなげよう

俺物語 アイキャッチ画像

「努力しても結果が出ない」

「どう頑張ればいいのか分からない」

このように悩んだことがある方は多いのではないでしょうか。

とはいえ、努力の仕方が分からないと続けるモチベーションもなくなってしまいますよね。

そこでこの記事では映画『俺物語!!』のヒロインから学べる、努力の仕方や心構えについてまとめてみました。

努力の仕方に悩んでいる方や、なかなか結果につながらないという方は参考にしてみてくださいね。

おいも

『俺物語!!』は、ごつい外見だけど心優しくピュアな男子高校生が主人公の恋愛漫画です。

努力には手間と時間と愛情が必要

『俺物語!!』は、ひたむきに努力するヒロインの姿が印象的な映画です。なぜ彼女の努力が印象に残るのかというと、彼女の努力の結果は自分で考え、行動し、得たものだからです。

努力は手間がかかっていてこそ価値があるもの。この映画のヒロインは誰かに相談したり、結果をノートにまとめたりといった試行錯誤とともに、好きな人に喜んでもらえる方法を考えた努力をしています。

愛情は他人にだけではなく、自分に向けることも大切です。自分に厳しくしすぎている方は、「これが終わったら、自分に〇〇を買ってあげる」というように、たまには自分に愛情を向けてみてはいかがでしょうか?

「知識や知恵」は情報より価値が高い

情報工学の分野には「DIKWモデル(*1)」という情報を4種類に分類した概念があり、その定義にあてはめるとネットや新聞などから手に入れられるものは主に「データや情報」になります(*2)

こうした情報を仕入れるのは比較的楽ですが、手軽に入手できるぶん、時間の経過とともに内容が事実と異なってくる場合があります。

いっぽう本や人から得られるのが、主に「知識」とよばれるもので、こちらは情報ほど早くは古くならないとされています(*2)

さらに「知恵」は知識から導き出されるコツのようなものなので、場面が変わっても応用が利くものだといえるでしょう。この映画のヒロインは、どこにでもある情報ではない、このような生きた知識や知恵を得て成長していきます。

2)樺沢紫苑『学び効率が最大化する インプット大全』、サンクチュアリ出版、2019年、p.144-145

うさぎ王子

DIKWモデルってなに?

おいも

DIKWっていうのは
・データ(Data)
・情報(Information)
・知識(Knowledge)
・知恵(Wisdom)
の頭文字からとった名前。下図のように定義されているよ。

DIKWモデル(図は*1を参考にライター作成)

ときには周りを巻き込む熱意も必要

どれほど優れた人でも完璧というのは難しく、どこかに必ず自分よりそれを得意とする人がいるものです。恥やプライドは人の成長を邪魔してしまうときがあります。

しかし、この映画のヒロインは「好き」という気持ちを支えに周りを頼って自分の「できる」を増やしていきます。

大人になればなるほど、誰かに教えてもらうのには勇気が要るもの。たしかにある程度は自分で調べるべきですが、どうしても分からない場合は周りを頼ることも大切です。

一人で努力するのも大切ですが、ときには人に素直に教えてもらう努力も必要なのかもしれませんね。

「好き」を行動につなげて努力しよう

手間と時間を惜しまず学び、ときには素直に周りを頼る。そして自分や他人への愛情を忘れないこと。

『俺物語!!』で描かれるこうした努力の仕方や心構えは、恋愛だけでなくいろいろな場面で使えそうです。このような愛、友情、努力といった人生に大切な要素が詰まっているところが『俺物語!!』の魅力だといえます。

努力の仕方について悩んでしまうときは、このように「好き」を励みに行動してみると、毎日をもっと楽しく過ごせるようになるかもしれませんね。