スキルアップ

単調な文章にグッバイ!文末の種類や使い方をおさらいしてみた

文章の文末 意味と使い方

「気づいたら、同じ語尾が続いている」

「もっと大人っぽい文章を書きたい」

こんなふうに思ったことはないでしょうか?

日本語はカタカナ・漢字・ひらがなを使い分ける奥深い言語です。そのため日本人でも上手に使うのは大変なのかもしれませんね。

今回はそんな日本語のなかでも「文末」の種類や意味、使い方について分かりやすく解説します。

文末に変化をつけられるようになると、文章が格段に上手く見えるのでぜひお試しください!

文末に工夫がない文章の読みにくさ

文末とは、文章の最後にくる「です」や「ます」などの語尾のことで、これを意識せずに書くと読みにくい文章になってしまいます。

国語の文法でいうと、文や文節の最後に添えられる「終助詞」や「助動詞」がこの文末表現にあたります。

単調な文末だと読みにくいのは、文章を読むときに私たちは心のなかで音読しているからです。

例えば以下のような文章があったとしましょう。

私の趣味は読書です。毎月、本屋に行って新しい本をチェックするのが日課です。

今月は気になる本が8冊もあったので、週に2冊ずつ読んでいくつもりです。

今月も忙しくなりそうです。

話の流れは自然ですし、このままでも意味は伝わりますが、音読すると何となく疲れませんか?

一方、同じ文章で文末に変化をつけた例が以下です。

私の趣味は読書です。日課として、毎月本屋で新しい本をチェックしています

今月は気になる本が8冊もあったので、週に2冊ずつ読まないといけません

今月も忙しくなりそうです

内容の良しあしはともかく、

  • スラスラ読める文章
  • 「多忙な読書家」のイメージが浮かぶ文章

になったのではないでしょうか?

このように少し文末を変えるだけで、文章はぐんと読みやすくなるのです。

文末は大きく分けると2種類

日本語の文末は大きく分けて、

  • 常体と呼ばれる「だ・である調」
  • 敬体と呼ばれる「です・ます調」

の2種類で、それぞれ次のような特徴を持っています。

文末種類意味使用シーン
「だ・である」 (常体)硬い、冷たい、 説得力がある 新聞、論文
「です・ます」 (敬体) 柔らかい、優しい、丁寧 コラム、ブログ
常体と敬体の違い

どちらを使うかは場合によって異なりますが、読みやすい文章にするポイントは以下の2つです。

  • 常体か敬体のどちらかに統一すること
  • 文末に変化をつけること

実際に文章を書くときには、基本を踏まえた「マイルール」を決めるとよいかもしれません。

私の場合、

  • 二回連続で同じ文末にならないようにする
  • 基本的に敬体で書く(敬体のほうが文末を変えるのが難しく、勉強になるため。)

と自分に課しています。

このように自分にとって「少しだけキツイかな」くらいのルールを決めて、表現力を磨いていきましょう。

基本の文末パターンは5つ

日本語の文末は意味によって、さらに次のようなパターンに分かれます。

  1. 断定
  2. 丁寧
  3. 推量
  4. 疑問
  5. 否定

まずは「だ・である調」の文末表現と使用例がこちらです。

意味文末使用例
断定だ/なのだ・私の趣味は読書だ。
・私の趣味は読書なのだ。
丁寧 である 私の趣味は読書である。
推量 だろう 彼の趣味は読書だろう。
疑問 彼の趣味は読書だろうか?
否定 ない 私の趣味は読書ではない。

常体(だ・である調)の文末パターン

つぎに 「です・ます調」の表現と使用例を見てみましょう。

意味文末使用例
断定 です・私の趣味は読書です。
・私の趣味は読書なのです。
・こうして私の趣味は読書になったわけです。
丁寧 ます 私は読書を趣味にしています。
推量 でしょう彼の趣味は読書でしょう。
疑問 ですか/ますか/でしょうか 彼の趣味は読書でしょうか?
否定 ません・私の趣味は読書ではありません。
・私の趣味が読書なわけありません。
敬体(です・ます調)の文末パターン

例えば仕事でクライアントから「です・ます調で」と指定されると、最初はルールに沿おうとするあまり「ですます以外使えない!」と考えてしまうものです。

ですが単語の意味ごとに考えてみると、思ったよりバリエーションがあると思いませんか?

また上記の基本パターン「ですます」に、ひとひねり加えると……

  • 念押し

「です(よ)ね」

  • 予定

「~ところです 」

「~つつあります 」

「~こう(よう)としています 」

「くる(なる)はずです」

  • 伝聞・推察

「そうです」

「ようです」

「だそうです」

「とのことです」

「~とされています」

このように使用シーンが広がります。

「ですよね」は、 少しくだけた表現なのでメディアの種類やクライアントによってはNGなことも。迷ったらクライアントに確認しましょう!

まずはよく使う「ですます」に、少しずつ「でしょうか」や「ましょう」を入れてみるのがおすすめです。(「ません」はインパクトが強いので、隠し味程度に!)

少しの工夫でメリハリのある文章になるので、よければお試しください。

基本をマスターして読みやすさアップ

今回は文章の文末表現について、意味や使用例などをざっくりと解説してみました。

つい同じ文末ばかり使ってしまう……という方は、まずはこの基本の5つをマスターしてみてはいかがでしょうか?

次回は応用編として、「文章にリズムをつけるコツ」について考えてみたいと思います!